永久脱毛をめざすあなたは医療レーザー脱毛に決まり♪

vio脱毛をする場合、気になるのは男性の反応ですよね。

自分でこんな形がいいかな?

なんて思ってvio脱毛をしたら、彼氏や、旦那に不評だったなんてことも。

これが、ハイジニーナの場合、毛が全くない状態になりますから、さらに男性の理解が必要になります。

男性に嫌われないため、後悔しないvioの毛の状態を考えていきましょう。


1、男性はツルツルのvioに抵抗があるの?

vioの毛は、なぜあるんだろう?

無くても、別に困ることもないし、清潔にもなるから、この際ツルツルにしてしまおうかな?

なんて考えませんか?

そんな、vioの毛を全てなくしてしまうことを、ハイジニーナと言います。

いわゆる、vio部分がツルツルの状態になることです。

でも、男性にとって、このハイジニーナは受け入れがたい人もいるようです。

1-2、奥さんがハイジニーナになった時のご主人の反応

「vioに毛がない方が、清潔感があって旦那もきっと喜ぶだろうな。」
「別に、相談しなくても、キレイになるんだからいいか。」

ハイジニーナにすると、vio部分から毛がなくなり、ツルツルの状態になります。

清潔感もあり、旦那さんも何も文句を言わないように感じますよね?

しかし、ハイジニーナにした理由を、旦那さんは奥さんとは違うとらえ方をすることがあり、旦那さんにハイジニーナは受け入れられない場合もあります。

旦那から見れば、奥さんは自分のものという思いがあります。

そんな自分の物と思っているものに、変化が起こると、過剰に反応したりします。

結果、突然怒り出したり、何かを疑ったりとすることが起こってしまいます。

女性側としては、衛生面や、手間などからハイジニーナにするわけなんですが、旦那さん側から見ると、自分以外には見せるはずもないvioのお手入れに、お金までかけてしているので、気持ちがいいはずがありません。

ついつい、ハイジニーナの決断を自分だけの判断で行いがちですが、vio部分となると旦那さんの意見も必ず聞くようにしましょう。

1-3、彼女がハイジニーナになった時、彼氏はどう思うの?

「以前、彼から、下の毛のお手入れもしておけ!なんて言われてショックだった。」

「彼にムダ毛を見られて嫌われないように、ハイジニーナにしようかな?」

といったように、ハイジニーナにすることが彼にとっていいことだと信じて、ハイジニーナにする女性も多いようです。

しかし、彼にとって、いいことだと思ってハイジニーナにしたのに、逆にハイジニーナが原因で別れてしまうなんていうケースもあります。

彼に内緒でサプライズ。

次に会った時には、見事にツルツルのvio。

ところが、彼にとって、なぜvioをツルツルに?

という疑問が残りますよね。

浮気を疑われても仕方ないかもしれません。

内緒にして、自分だけの判断で行ったハイジニーナがあだとなってしまう場合ですね。

また、逆に彼の希望で、vioをハイジニーナにする人もいます。

でも、その彼が元彼になる場合もありますよね?

新しい彼は、あなたのツルツルのvioをみて、果たして素直に受け入れてくれるでしょうか?

ハイジニーナにする場合は、彼に相談すること。

そして、彼だけはなく、自分の意思もしっかりもって行ことが大事です。

VIO脱毛を医者に相談する

2、男性の本音は・・・iライン・oラインの脱毛は大歓迎

iライン、oラインは、女性からすると衛生面を考え、全く必要が無いように思えます。

でも、女性には必要がないと思っている部分でも、男性にとっては、考えが違う場合があります。

では、男性にとっては女性のiライン、oラインの毛はどう思われているんでしょう?

実は、男性も、女性のiライン、oラインの毛は、必要ないと思っている人が多いんです。

2-1、ハイジニーナに抵抗がある男性の本音は?

「人から見えない場所のお手入れで女子力アップ。」

「iライン、oラインを脱毛したら、清潔な女性になれるかな?」

女性の場合、vio脱毛をファッションとして考えたり、衛生面から考えたりと、多方面を視野にハイジニーナを考えます。

しかし、男性にとっての女性のハイジニーナは、エッチをするときにしか関係がないことなんですよね。

ですから、男性が女性のハイジニーナを嫌がる理由は、エッチをするときのことと直接関係がある場合がほとんどなんです。

まず、女性に恥じらいを求める男性の場合、あまりにも丸見えのオープンなiラインに抵抗を感じたりする場合があるようです。

また、ハイジニーナが、幼児を連想させ、エッチな行為事態に罪悪感を感じてしまう場合もあります。

ハイジニーナに抵抗がある男性にとっては、重要な問題になります。

ハイジニーナにしようとした場合、まずはカウンセリングのプロがいるクリニックで相談することをお勧めします。

2-2、パートナーは、どんなvioが好みなの?

「あの人は、vioラインの毛をどう処理するのが一番いいと思っているんだろう?」

「vioラインの形も、色々できるみたいだけど、どんな形が好きなんだろう?」

パートナー男性が、どんなvioの毛の状態が好みなのか、気になりますよね?

しかし、男性にとっての好みのvioは様々ですから、相手にどんなvioの状態好みなのかを聞かなければわからないのが事実です。

考えても、答えは出てきません。

男性が好むvioの毛の状態に、あるアンケート調査でこんな結果が出ています。

そのアンケート調査によると、iライン、oラインは完全に脱毛をした状態がベスト。

vラインは、小さめの逆三角形が一番人気でした。

アンケート結果は、こう出ていますが、最終的にはパートナーの意見を聞くことも必要ですが、数多くのvio脱毛カウンセリングを行ってきたクリニックに助言を求めるのも必要です。

VIO脱毛のカウンセリングはこちら

3、ハイジニーナで後悔した時!意外なシチュエーション

ハイジニーナにすることを決断した時は、「大丈夫だろう」と思っていたのに、思わぬ場面でハイジニーナにしたことを後悔することがあります。

そんな後悔をしないためにも、ハイジニーナのメリット、デメリットを知り尽くしたクリニックへ相談することは重要です。

3-1、女性だって実は他人のvioが気になる!

ハイジニーナにすることを決断した時は、「大丈夫だろう」と思っていたのに、思わぬ場面でハイジニーナにしたことを後悔することがあります。

そんな後悔をしないためにも、ハイジニーナのメリット、デメリットを知り尽くしたクリニックへ相談することは重要です。

3-2、女性だって実は他人のvioが気になる!

「私のvio部分の毛は、他の人よりも濃いんじゃないかな?」
「周りの人は、vioラインの毛って、しっかりとお手入れしてるのかな?」

他人のvio部分を見る機会というのは、あまりありませんよね?

だから、自分のvioも見られる機会がそれほどないはずだから、気にしなくてもいいかな?

なんて思っていませんか?

しかし、他人のvioはなかなか見る機会がない分、みなさん興味津々です。

温泉や、更衣室などでは、ジロジロとは見ないものの、チラッっと目が行ってしまうことはありませんか?

ハイジニーナを全く考えていない人にしてみれば、ハイジニーナの女性を目にしたら、二度見してしまうかもしれませんね。

3-3、vioを見られる機会って、結構あるんです

「もう、私のvio部分は旦那にしかみられることはないだろうな。」

「温泉旅行に行ったとしても、うまく隠せば誰も気が付かないでしょ。」

vioをハイジニーナにしても、もう誰にもバレることはない。

と思うかもしれません。

しかし、vioを見られる機会は、たくさん存在します。

例えば、「婦人科検診」もそうです。

いくつになっても恥じらいはあります。

特に若くてイケメンの先生に診てもらう場合、やっぱり恥ずかしくなりますよね。

また、結婚して、子供ができた後は、当然ですが産婦人科へ通うことになります。

「この人、全く毛がない」なんて思われないだろうか?

1年近くも通うのに、恥ずかしいと感じてしまいます。

「あっ!しまった!」っと思った時には、すでに手遅れです。

vioは、見られないという考えは、この際捨ててください。

どこかで、vioはみられてしまうもの考えましょう。

クリニックでは、ハイジニーナの失敗談をたくさん知っています。

クリニックへ相談すると、ハイジニーナにしようかどうしようかという悩みは、きと解消されるはずです。

3-4、まだまだ先の事だけど・・・。介護のはなし

「もう、結婚もしてるから、これから先、見られるのは旦那くらいでしょ。」
「この歳になると、人前で裸になることもないだろうから、ハイジニーナにしても大丈夫。」

しかし、もっと年をとって、おばあさんになっても、vioを見られる可能性は残っています。

まだまだ先のことかもしれませんが、いずれ介護を受けることになる可能性ってありますよね。

子供が面倒を見てくれるのか、介護施設の人なのか、それはわかりませんが、いいおばあさんになって、「この人毛が全くない」と思われてしまうかもしれません。

ハイジニーナは今だけの流行かもしれませんからね。

ハイジニーナにする場合は、慎重に判断する必要があります。

多くの人のvioをハイジニーナにしてきたクリニックには、慎重になるべきポイントもしっかりと抑えています。

その道のプロへ相談することで、ハイジニーナに起こりうる失敗を回避しましょう。

VIO脱毛をプロに相談する

4、女性にはメリットがたくさん!vio脱毛のメリット


女性のvioの部分悩みは、ムダ毛だけではなく、生理の問題や、においの問題と、男性には決してわからない悩みがたくさんあります。

この悩みの一部が、vioをきれいにすることで解決できます。

では、どんなメリットがあるのかを紹介していきます。

4-1、生理の時だって気にならない!すっきりvioで清潔に

「生理の時は、どうしてもあそこの清潔感を保つことはできないよね。」
「生理の時は、度々トイレに行かなくてはならないし、時間もそれなりにかかっちゃう。」

本当に生理のときは、vio部分の清潔を保つことが難しいですよね。

しかし、vioラインをきれいにすることで、生理の時も清潔を保つことができます。

生理の時は出血によって、どうしても毛に血がついてしまいます。

血だけならともかく、おりものと混ざり、塊になって毛についてしまったり、ナプキンを変えるときに、毛があると、どうしてもきれいに拭きとることができなかったりします。

でも、vioラインの毛を薄くしたり、調えたりすることで、血が付着する場所が少なくなり、清潔な状態を保つこともできますし、拭きとることも簡単にできますよね。

また、ナプキンとの間の隙間も少なくなり、経血漏れが起こりにくくなる利点もあります。

最近クリニックでVIO脱毛をする方が多い理由は、こんなたくさんのメリットがあるからなんですね。

4-2、気になる臭いも予防。いつでも臭いに自信

「もしかすると、わたしのあそこ、くさい? におってる?」

「トイレのあとは、キレイにしっかり拭いているんだけど、なんか気になる。」

って心配になることはありませんか?

しかし、ハイジニーナにすることで、あのイヤなにおいからも解放されます。

男性の場合は、トイレでおしっこが毛につくような心配はないかもしれませんが、女性の場合、どうしてもおしっこがiラインの毛についてしまいますよね。

さらに、男性と比べると女性の場合、拭き取りにくく蒸れやすい場所にあるため、においがどうしてもきつくなってしまいます。

男性にはわからない、女性の悩みです。

vioをハイジニーナにすることで、こんな悩みも解決できます。

脱毛クリニックで、最近ハイジニーナのプランが人気というのもうなずけますね。

4-3、かわいい水着も着れちゃう!彼氏も喜ぶイイ女

「vラインが少しきわどい水着。これ着たら彼氏は喜ぶだろうけど、vラインの処理が大変。」
「彼氏から突然の誘い。下着からムダ毛がはみ出てないか気になる。」

vioラインからはみ出るムダ毛は、いつも気にしていないといけませんよね。

本当に面倒です。

しかし、vioラインをきれいに整えることで、vioラインからはみ出るムダ毛の心配をする必要がなくなります。

水着を買いに行って、vラインに自信がなくて気に入った水着の購入をためらった人はいませんか?

突然彼から誘いがあったのに、ムダ毛処理を忘れていて、誘いを断った人はいませんか?

vioラインをきれいに整えると、ムダ毛は生えてきませんから、好きな水着を購入できます。

かわいい下着も大丈夫。
いつでも大丈夫という自信と安心がもてます。

4-4、かゆみの予防も!毛が擦れないから、痒くならない

「毎日キレイしているのに、どうしてvio部分が痒くなるんだろう?」
「人前でかくことができないvioの痒み、どうすればいいの?」

痒みというのは、本当に我慢ができませんよね。

しかし、vioラインをきれいに整えることで、vioの痒みから少し解放されます。

vio部分は、他の部位と比べると、毛の量が多い場所ですから、その毛が下着と擦れることで、毛が肌に刺激を与え、肌に痒みを感じるようになるんです。

vioラインをきれいに整えることで下着との擦れが少なくなり、痒みなどの不快感はほとんど解消されます。

痒みがあっても、なかなか人前ポリポリ掻くわけにはいきませんよね。

ムダ毛と下着の擦れが減り、不快感から解消されることで、vioラインを掻きたくなるような心配はしなくて済みますから、気持ち的にすごく楽になります。

後悔しないVIO脱毛はこちら

5、脱毛サロンのvio脱毛がオススメ出来ないのはどうして?

脱毛をする場合、大きく分けて、エステサロンとクリニックがあります。
医師免許を持っていなくてもできるエステに対して、医師免許を持たないとできないクリニックの2つです。

脱毛をする場合、クリニックと比べ、エステサロンはどうしても技術面や、仕上がりで劣る部分があり、オススメできません。

どんなところが劣るのかを説明していきますね。

光脱毛はキワまで照射不可

「クリニックならできて、エステサロンではできない脱毛ってあるの?」

「細かい部分の脱毛は、エステサロンでは無理だって聞いたけど、ほんと?」

脱毛であれば、エステでも、クリニックでも、同じサービスを受けることができると思いますよね。

しかし、エステ店で行われる光脱毛ではvioのような細かいキワまで、綺麗に脱毛ができません。

その理由は、使用する脱毛機の違いにあります。

細かい部分の脱毛がエステでは難しい大きな原因として、レーザーを照射する大きさの違いがあります。

クリニックで使用される脱毛機は、セミナーなどで良く見かける「レーザーポインター」のよう点レベルでレーザーを照射できます。

それに対し、エステの脱毛機は広範囲を照らす懐中電灯のような照射になります。

このことから、クリニックの脱毛機は、Iラインなど凹凸があったり、範囲の狭い部位でも細かく照射出来ますが、エステのフラッシュ脱毛機は、性器や尿道などデリケートな部位にまで照射されてしまうため、キワの照射が難しくなるんです。

トラブル防止のために、vioのような細かい脱毛は必要な場合、クリニックでの施術を行いましょう。

vioはデリケートなので、医療機関ならではのサポートが必要

「vio部分の脱毛だと、何かあったときのことを考えると、すごく不安。」

「脱毛によって、vio部分が痛くなったら、その場でちゃんとケアしてくれるのかな?」
vioというとてもデリケートな部分だけに、とても気になるところです。

しかし、クリニックであれば、術後の痛みなどの肌トラブルに対しても、万全のサポートが可能です。

痛みの中には、炎症による痛みや火傷の痛みなどがあります。

クリニックでしか使用できないレーザー脱毛機のメディオスターNext Proにおいては、冷却機能付きです。

ですから、火傷になる可能性がとても低いといえますが、もし肌にそんな痛みが起こった場合でも、クリニックではその場で処置がすぐにできるのも強みの一つですね。

クリニックでは、肌トラブルに対する万全なサポートがありますから、安心してvio脱毛の施術を受けることができますね。

脱毛サロンでは永久脱毛は不可

「エステ店でvioを脱毛したのに、また毛が生えてきたんだけど・・」

「いったいいつまで通えば、vioの脱毛が完全に終わるの?」

エステ店では、完全に毛がなくなる永久脱毛はできないことを知っていますか?

しかし、クリニックでは、クリニックでしか使用できないレーザー脱毛機により、永久脱毛が可能です。

vio部分をきれいに脱毛したくてエステへ通ったのに、またすぐムダ毛が生えてくる。

そんな経験をする人がいます。

エステ店は、医師免許を持っていないため、レーザー脱毛機が使用できません。

そのため、永久脱毛ということができないんです。

vio部分は毛量が濃く、太い毛が密集しているため、毛根に対して強いダメージを与えなければ永久脱毛は出来ません。

エステで使用されるフラッシュ脱毛機の場合、出力が低く、毛根へのダメージが少なくなってしまいます。

その結果、一部の毛は抜けたり薄くなりますが、毛根へ完全にダメージを与えていないため、またムダ毛が生えてきてしまうんです。

逆に、医師免許を持っているクリニックでは、毛根に強いダメージを与えられる高出力のレーザー脱毛機を使用できるため、毛の元となる毛根に確実に強いダメージを与え、永久の毛の生えてこない永久脱欧が可能になるというわけです。

VIOを永久脱毛したい方はコチラ

6、まとめ

vioを脱毛する場合、女性にとって衛生面、臭い、痒みなどに対しての利点があります。

しかし、男性にとってはあまり理解できない内容のことが多いんです。

施術前に、しっかりパートナーへ相談することも大事ですが、vioで後悔しないためには、vio脱毛のメリット、デメリットを知り尽くしたプロのカウンセラーがいるクリニックへの相談することをオススメします。

また、男性好みのvioを実現するには、キワまできれいに脱毛をすることができて、炎症や痛みなど皮膚トラブルの少ない「メディオスターNext Pro」が使われているクリニックをお勧めします。

  関連記事

VIO脱毛は無痛治療が出来るってホント?

VIOの脱毛は痛い!という誤解を持っている人が多いようです。 今は、クリニックで …

仕事で成功する秘訣はVIO脱毛にあった!

1、芸能人の新常識!VIO脱毛は必須事項 1-1、露出が多いグラビアアイドルは、 …

におい消しの新定番!VIO脱毛

VIO部分の悩みは、恥ずかしくて、なかなか人には相談できないものですよね? にお …

モテる女性の常識!Vラインは男性好みのデザインにしよう

女性にとって、vラインは、日ごろから常に気にかけなくてはならない部分ですよね。 …

VIO脱毛って、最短どのくらいの期間で終わるの?

VIO脱毛をしようか考えた時に、期間はどれくらいかかるのかが気になるところですよ …