永久脱毛をめざすあなたは医療レーザー脱毛に決まり♪

1、芸能人の新常識!VIO脱毛は必須事項

1-1、露出が多いグラビアアイドルは、VIO脱毛が常識です

「みんなから、かわいい、かわいいとチヤホヤされて、いいね。」

「私もあんな顔で生まれてくれば!」

「あんなにスタイルが良ければ!」

こんなふうに「グラビアアイドルはいいよね。」って思ういがちです。

しかし、私たちが普段目にするような有名なグラビアアイドルは、人一倍努力をしています。
グラビアアイドルというと、やはり水着ですよね。

露出度の高い水着が多くて、隠れている部分は、ほんの少しだけです。

その場で見られるだけであれば、気づかれないこともあります。

でも、グラビアアイドルは、写真にとられ、雑誌に載ったり、写真集になったりと、隅々までじっくり見られてしまう仕事です。

ムダ毛が少しでも残っているだけで、きっと話題になりかねないほど、神経を使わなくてはなりません。

そんなムダ毛が、もしVIOラインに残っていたら・・。

Hな男の人たちの話題になること、間違いなしですね。

ですから、グラビアアイドルは、ムダ毛の処理忘れがないように、VIOの永久脱毛は当然といっていいほど、当たり前の処理なんです。

1-2、外見だけじゃない。モデルはVIO脱毛が当たり前。

「モデルで見られるのは体だけだから、VIOの脱毛は必要ないでしょ。」

「隠れる部分は、人に見られるわけじゃないしね。」

しかし、モデルの人たちにとって、VIO脱毛は常識なんです。

モデルのお仕事と言えば、最新のファッションに身を包み、雑誌の表紙を飾ったり、ファッションショーなどで、ランウェイを歩いたりしますよね。

でも、最新ファッションだけではなく、ランジェリーの紹介もよくしています。

そんなランジェリーも、機能性を重視した下着ではなく、見た目、セクシーさ、かわいさなどを重視したランジェリーです。

露出度が高いものが多いですよね。

写真にとられることが仕事のモデル。

そんなモデルの人たちは、VIOのお手入れも完璧です。

「美」を売る仕事ですから、少しの妥協も許さないプロとしての意識が強いんですね。

確かに、雑誌の表紙を飾っているモデルのVラインからムダ毛が生えていたとしたら、人気がガタ落ちでしょうね

1-3、人気女優は見えない体の内面重視でVIO脱毛

「見えない部分のお手入れをする必要ってあるの?」

「女優も、裸にならないなら、別にVIO部分は処理する必要はないんじゃないかな?」

しかし、 常に美しくいなくてはならない女優は、人から見えない部分のお手入れも完璧な人が多いんです。

VIOの脱毛は、ただ人から見られるからだけではありません。

人から見える部分だけではなく、見えない部分をしっかりケアし、自分磨きをしています。

海外の有名セレブや、有名女優の人達にとって、VIO脱毛は常識です。

日本では、まだまだVIO脱毛が当たり前にはなっていませんが、日本の女優さんたちも、だんだんとVIO脱毛が常識に変わりつつありますね。

2、実力だけでは生き残れない。インストラクターのVIO脱毛事情

2-1、ヨガ

ヨガのインスラクターならわかる、VIOの悩み。
ヨガのポーズって知っていますか?
色々あるんですが、股を全開にしたポーズもたくさんあるんです。
きわどいビキニを履いて仕事をしているわけではないので、別に気にすることじゃないんじゃないの?
と思うかもしれませんが、剃った後に少し生えてきたあの短い毛が、もしかすると、下着とレギンスを突き抜けて、外に飛びすんじゃないかな。
って、とても気になるんです。
全てのヨガ教室のインストラクターがVIO脱毛をしているのかはわかりませんが、きっとVIO脱毛をしている人は、多いと思いますよ。

2-2、水泳

色々な仕事があります。
でも、これだけ水着を着ている仕事をしているのは、水泳選手、シンクロナイズドスイミング、そして、スイミングスクールでインストラクターをしている私たちではないでしょうか。
水着が仕事着ですから。
水着ばかり着ている仕事ですから、肌のケアには、人一倍気を使います。
特にVIOのムダ毛の関しては、気を使います。
毎日水着ですから、VIOのムダ毛のお手入れをちょっとしないと、もう大変なことになります。

小学生から、はみ出た毛を見つけられて、ずとからかわれ続けられたという先輩の話。
VIOのムダ毛のお手入れを忘れて、急に仕事を休むなんてことをした人もいます。
クリニックでもVIO脱毛は、永久の脱毛が可能で、水泳のインストラクターをやる場合は、オススメです。
毎日しなくてはならない、VIOのお手入れの手間が省けることは、ホント幸せです。

2-3、ダンス

社交ダンスを習いに来ている女性は、どちらかと言えば年配の方が多いと言えます。
であれば、VIO部分なんて、もうあまり気にしなくてもいいんじゃないの?
なんて失礼なことを言っている人はいませんか?
社交ダンスは、魅せることが大事。
衣装はもちろん、衣装に包む肌もきれいに魅せなくてはいけません。
VIO部分をカミソリなどでケアすると、カミソリ負けを起こすのか、肌が荒れて、赤くなったり、黒ずみになったりします。
そんな状態では、綺麗にダンスを魅せることは難しいと言えます。
押しつけはしませんが、生徒には、肌はもちろん、VIO部分のお手入れもしっかりするよう言っています。
もちろん、お手本になるように、VIOケアはしっかりしています。

2-4、ピラティス

最近では、多くの芸能人がダイエット方法に、このピラティスを行っています。
もともとヨガを参考にして開発されたピラティスですから、その方法はヨガに似ていて、色々なポーズをとります。
もちろん大きく足を開くポーズもたくさんあります。
また、生徒の方を向いて、大きく足を開くこともありますから、VIO部分はとても気になる部分です。
レギンス等を履くため、ムダ毛が見えるなんてことは、まずないんですが、そのムダ毛によって、不快なにおいを発する場合があります。
生徒に向かって、大股を開いて、においを発するなんて、ちょっと恥ずかしすぎですよね。
生徒にものを教える立場の人間として、身だしなみはもちろん、VIOといった見えない部分にも気を使わなくてはいけないと思います。

2-5、ダイエットインストラクター

テレビCMで、最近ダイエット指導をしてくれるスクールなどの人気が高くなってきています。
そこでインストラクターをしている女性スタッフは、VIO部分の脱毛に関しては無関係と思われがちですが、そうでもありません。
ダイエットを希望している人は、自分の美を追求するために高いお金を払って通ってきてくれている人たちです。
そんな肉体改造をお手伝いするスタッフですから、自分に対する体の意識を持つ必要があるんです。
VIOという誰にも分らないような部分でも、常にキレイにしている。
そんな自信があるからこそ、人に自信をもってアドバイスができるんです。

3、VIO脱毛が必要なスポーツって何があるの?

3-1、ダンサー

ダンサーといても、色々なダンサーがいますよね。
ショーダンサーもいれば、ミュージカルダンサー、フラメンコやフラダンスなどを踊るダンサーもいれば、社交ダンサーもいます。
そんな中でも、VIOの脱毛を意識しなくてはならないダンサーは、ショーダンサーではないでしょうか。
わりときわどい衣装を着ることがありますから、全身に生えるムダ毛はもちろん、VIOのムダ毛にも、注意を払います。
毎日人前で踊りますから、VIOケアも、毎日行わなくてはなりません。
カミソリで毎日脱毛って、とてっも手間がかかるんです。
だから、ダンサー仲間の間では、VIOの永久脱毛は、当たり前の行動になっています。

3-2、水泳

水泳をどう楽しみますか?
ただ、趣味でガンガン泳ぎたい人。
ダイエットの手段として、スイミングに通っている人。
未来のオリンピック出場に向けて、頑張っている競泳選手。
様々ですよね?
でも、どう楽しむにしても、水着を着るいじょうVIOラインのムダ毛は気になりますよね?

あれだけ少ない布で、VIOをかくしているわけですから、ちょっとしたVIOのケア忘れが致命傷です。
視線が、下の方に向けられると、もしかしたら、ムダ毛が見えてるの?
なんて気になってしまいます。

でも、VIOの永久脱毛をしていると、そんな恥ずかしさは、だいぶ少なくなります。
見せたいわけではありませんが、ちょっとした自信が芽生えるんですね。

3-3、陸上、マラソン

一昔前の陸上選手は、ランニングパンツスタイルが主流でしたよね?
でも、最近はビキニスタイルが多くなってきています。
もはや、水着を着て走っているようなものですね。
これは、ランニングパンツの場合布が体にあたることで抵抗が発生することへの対処方法なんです。
0.01秒を争う競技ですから、こんな些細なことさえ影響します。
でも、ビキニスタイルといことは、VIOのムダ毛ケアを欠かせないということにつがります。
毎日のキツイ練習の後に、VIOの処理なんてやっている余裕はありません。
ですから、医療機関でできる永久脱毛は救世主でした。

3-4、サッカー

海外で活躍している一流サッカー選手が、最近アンダーヘアを処理していますよね。
その点、女子サッカーの有名な選手は、発言を控えているように感じます。
最近では女子サッカーの活躍もあり、女子サッカーも、メジャーになってきています。
そんななか、有名選手にあこがれて、私もVIO脱毛をという人も少なくはないようです。
しかし、ただ、有名選手に憧れてVIOを脱毛をするというわけでありません。
サッカー選手は、90分間動き回るスポーツです。
体力作りのため、トレーニングもとても厳しい内容になっています。
しかも屋外で行うので、あの汗をかく量は他のスポーツと比べても、多いスポーツの一つと言えます。
体の汗は、拭くことができますが、VIO部分にかいた汗は、毛に付着し、不潔になっていきます。
ですから、清潔を保つために、VIOの永久脱毛をする人が多いんです。

3-5、モトクロス、オートレイサー

モトクロスや、オーレーサーは、男の競技と思われていると思いますが、最近では女性も進出してきている競技です。
危険を伴う競技ですから、完全装備の状態です。
ここで、気になるのが、ムレです。
特に、VIO部分は気になってるところです。
一度着用すると、すぐに脱ぐこともできませんし、お手入れが必要な時などは、とても困ります。
こんなとき、毛があるのと、無いのとでは、ケアの手間にだいぶ差が出ます。
カミソリで、毎日お手入れするのも大変です。
脱毛クリニックで、パッと永久脱毛してしまうと、ほんと楽です。

3-6、フィギュアスケート

もう、日本のお家芸と言っていいほど、強い選手が続々と登場してきます。
氷上で舞うあの姿は、引き込まれるものがありますよね。
そんなフィギアスケートの開脚シーンをカメラでバチバチとっている人っていますよね。
もっぱらスピン演技の時です。
個人的な趣味で保存されるのもイヤですが、最近ではネット上へアップされるケースが多いです。
テレビなども、デジタル放送になってから、鮮明に肌が映し出されてしまうようになったこと。
カメラの性能も、どんどん良くなってきていること。
衣装も、きわどい衣装が多いため、どうしてもVIO部分のお手入れは慎重にしなくてはなりません。
技を見てもらいたいのに、VIO部分を気にしなくてはならないことはとても寂しいことですが、そうもいっていられないので、しっかりVIOのお手入れはしています。
そんなケア方法の中でも、手間のかからない永久脱毛がやはりオススメですね。

3-7、体操、新体操

VIOラインのムダ毛が気になるといえば、水着を着るときだと思いますよね。
でも、新体操をしている人たちにとっては、一年中気にしなくてはならないことなんです。
新体操をするときの衣装は、レオタードです。
新体操の場合、体の線がきちんと分かる服装でなくてはなりませんし、採点競技のため、見た目にも注意を払わなくてはならないため、みんなレオタードを着用するようになっています。
新体操の場合、開脚は当たり前です。
選手としては、競技に集中したいため、もしかするとあそこからムダ毛見えているんじゃないかな?

なんて競技中に考えたくはありませんし、まず考えません。
でも、観客が、バチバチ写真を撮っているのを見ると、どうしても気になってしまうときがあります。
ですから、VIOのムダ毛に対するケアはしっかりと行っています。

3-8、ボディビルダー

女性ボディビルダーだって、恥ずかしいんです。
筋肉ムキムキな女性は、女として見てくれていない感がありますが、だからと言って体ケアを何もしないわけではありません。
逆に、ボディビルダーは、他の競技と比べると、体勝負の競技です。
男性ボディビルダーでも、わき毛や胸毛、すね毛の生えている人はいませんよね。
筋肉美、肉体美を魅せる競技ですから、髪の毛以外のありとあらゆる毛を処理しなくてはなりません。
女性の場合、VIO部分は見えないからなんてことは考えられません。
永久脱毛は、毛の処理という手間を省いてくれますから、ボディビルダーにとっては必須だと思います。

3-9、レスリング

水泳選手や、体操選手のようなVIOラインがきわどい物を着て競技をするわけではないので、レスリングの場合、VIOのムダ毛が見られるんじゃないかなんて気になることはありません。
しかし、レスリングは、相手選手ととても密着しなくてはならない競技です。
デリケートゾーンをがっしりつかまれることもありますが、気になるのは「におい」ですね。
レスリングに限らず、大会などでは、顔見知りの選手と戦うことが多くなります。
競技中はライバルでも、いざ試合が終われば、仲よくお喋りをするkともあります。
VIO部分がもしにおっていたら、嫌ですよね。
VIOを脱毛すると、においケアもできます。
一見関係ないと思われる、レスリング選手のVIOケアですが、実は結構大事だったりします。

3-10、テニス

マリア・シャラポワ選手の人気は、地元ロシアだけでなく、世界的な人気でしたよね。
ファッションモデルとしても人気のあったシャラポワ選手。
でも、それだけ人気のあった選手でも、テレビでの試合の放送が、あまりされていませんよね?
その理由の一つに、1試合にかかる時間の長さがあると思います。
テニスの平均的な試合時間は、3時間ほど。
1ゲーム終わるたびに、汗を拭いている姿や、水分を補給している姿を目にします。
それだけハードなスポーツです。
これだけ長い時間、体を動かし続け、たくさんの汗をかき続けますから、着ているユニホームは、汗でびしゃびしゃになります。
体の汗を流せるのは、シャワーでも浴びない限り無理です。
VIO部分なんかは、これだけ汗をかき続けると、ムレて仕方のない場所ですから、衛生面を考えると、VIOの脱毛は必須なんです。

4、夜の商売こそ内面勝負!VIO脱毛が自信につながる

4-1、キャバ嬢、ホステス

キャバクラで働いている女性の美意識の高さを軽くみてもらっては困ります。
体のありとあらゆる場所に気を配っているんです。
髪型や、衣装、お化粧といった、パッっとひと目でわかる部分は当然。
ネイルや、歯のように、よーくみなければわからない場所にも気を配っています。
そして、お客にはほとんど見えない、下着や、体毛にも。
キャバ譲は、男の相手をヘラヘラ笑っていればいいなんて思っている人もいるみたいですが、そんなに簡単なものではありません。
またあの店に行きたい、またあの娘に会いたいと思わせるために、外観の美、内面の美を追求し続けています。
全身脱毛は当たり前です。
VIOの脱毛も当たり前。
あの娘には負けない!というライバル心もあるのかもしれませんね。

5、新定番!裸が勝負のVIO脱毛事情とは?

5-1、モザイク越しでもAV女優はVIO脱毛が必須です

ヘアヌード写真集がはやった時期がありましたよね。
ずっと見せてはいけないと言われていた部分が、事実上の解禁状態になったんですから、一大ブームを巻き起こしました。
そんな時代から、25年以上たった現在では、もはや、ヘアーは邪魔な存在になっているようですね。

AV業界にとって、VIOの毛は、一部の癖のある男性を除いては、邪魔な存在でしかありません。
Iライン、Oラインに毛が生えているAV女優は、ほとんどいないと思います。
女性と初めて行為をするときに、AVでお勉強をしてしまった男性は、女性のあそこには毛が生えていないのが当たり前と思っている人もいるようです。
でも、世の男性が、それを望んでいるからAV女優はIライン、Oラインを完全に脱毛しているんだと思います。

5-2、愛人は見た目と身だしなみで男性を虜に!

愛人って、何をもって愛人というんでしょうか?
公にはできないけど、愛情がある場合。
ただ、お金目的の場合。
性的な関係だけが目的の場合。
色々あると思います。
でも、いずれにして、愛人に性的な関係がないことは考えにくいですよね。
男性も、奥さんにばれないように慎重に愛人を作るんですから、それなりに魅力がなければ相手にされません。
ですから、体には人一倍注意を払います。
VIOのムダ毛なんて、考えられません。
いつでも会える準備をしておく。
お手入れ忘れをしないためにも、永久脱毛は欠かせません。

5-3、人気の風俗嬢はビジュアルだけじゃない。VIO脱毛もやってます

風俗に来る男性が求めるものは、体だけです。
お客のリピーターをつけるためには、どれだけお客に気に入られるかですから、とても気を使います。
Iライン、Oラインに毛が生えていると、一部の人を除いて、あまり喜ばれません。
ですから、VIOのムダ毛に、とても気を使います。
きっと一番見られる場所ですからね。

脱毛サロンで脱毛をすると、またあそこの毛は生えてきます。
ブツッと生えた毛は、凶器?にもなりかねませんから、毛が永久に生えてこないクリニックの方がいいんです。
風俗嬢の仕事も、いつまでもできる仕事ではありません。
彼氏に黙って仕事をしている人もいます。
突然永久脱毛をしたら、疑われる?
そんな心配もしましたが、今ではVIOラインの永久脱毛は、特に珍しい事ではなくなってきていますから、問題なしです。

6、まとめ

どんな場合においても、外見だけで人は判断できないものです。

VIOといった、人から見えない場所、人には気づかれないと思われる場所にも気を使える気持ちが、仕事においても成功へと導く気づきではないでしょうか。

 

  関連記事

モテる女性の常識!Vラインは男性好みのデザインにしよう

女性にとって、vラインは、日ごろから常に気にかけなくてはならない部分ですよね。 …

VIO脱毛は無痛治療が出来るってホント?

VIOの脱毛は痛い!という誤解を持っている人が多いようです。 今は、クリニックで …

VIO脱毛で後悔!?男性はどんなデリケートゾーンが好きなの?

vio脱毛をする場合、気になるのは男性の反応ですよね。 自分でこんな形がいいかな …

VIO脱毛って、最短どのくらいの期間で終わるの?

VIO脱毛をしようか考えた時に、期間はどれくらいかかるのかが気になるところですよ …

におい消しの新定番!VIO脱毛

VIO部分の悩みは、恥ずかしくて、なかなか人には相談できないものですよね? にお …